アルくんのシンプルライフ

夫婦旅と料理が好きなアルくんが平凡な日常をメモします。

MENU

【スイス1】登山電車に乗るなら始発をオススメしたい件

スイス・マッターホルンを訪れたときのメモです。

マッターホルン観光の起点となる街・ツェルマットに宿泊し、ツェルマット駅から展望台のあるゴルナグラート駅まで登山電車でのぼります。

ツェルマットには3泊して、いちばん天気のいい日に上ろうと決めていました。

地図中央のいちばん上がゴルナグラート展望台、いちばん右がマッターホルンです

 

前日の雨が路面に残っていたが、朝7時の始発に乗ってみた

 

登山電車は7時発が始発。続いて8時発、8時24分発、8時48分発、9時12分発と続きます。

アルくんとアル子は迷わず始発を選択。まだ薄暗いうちから準備をして駅に向かいました。

実は前日まで小雨が降っていて、ツェルマットの道は濡れています。

早朝、ツェルマットの路面には前日の雨が残っていました

天気予報を信じて、朝7時 始発の登山電車に乗りました

7時33分ゴルナグラート駅到着、まだ朝日が届いていません

天気予報は晴れと言っていたが、果たして当たるかどうか? 内心不安に思いながらツェルマット駅に向かいました。

 

始発の電車に乗っていたのは我々を含めてわずか8人。7時に出発した登山電車は、7時33分、終点のゴルナグラート駅に到着します。車窓から見るマッターホルンは、まだ雲がかかっています。

 

ゴルナグラート展望台はほぼ貸し切り情態。乗り合わせた6人と時折話しながら夜明けを待ちます。

だんだん周りが明るくなり、山頂の雲も消えていきます。

山影から太陽が昇ると、あたりの雲が消え、マッターホルンの頂が現れた

 

陽が東から登り、あたりに山影が消えると、山頂付近の雲が切れ、穏やかなマッターホルンが姿を現しました。あのときの喜びは忘れられません。早起きしてよかったなーと思いました。

天気予報大当たり! 快晴です。

しばらくの間、夢中でマッターホルンを眺めていました。

ゴルナグラート展望台はほぼ貸し切り状態。幸せな時間でした

 

1時間後の8時33分、後続の電車が到着しました。その後8時57分、9時21分と次々に大量の観光客を乗せた電車が到着しました。アルくんたちは、十分に堪能したので、9時31分ゴルナグラート発の電車でツェルマットへ下山。

後続の電車には大量の観光客が。早起きは三文の得を実感します

別の登山電車に乗り換えて、グレイシャーパラダイスに向かいました。マッターホルンの頂を、別の角度から見ることができ、グレイシャーパラダイスもきれいなところでした。

グレイシャーパラダイスにはスキーを楽しむ人が大勢いました

というわけで、

・スイスで登山電車に乗るなら始発をオススメしたい

・ふもとの街に3泊か4泊して、いちばん天気予報のいい日に登ることをオススメしたい

です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

arukun109.com