アルくんのシンプルライフ

夫婦旅と料理が好きなアルくんが平凡な日常をメモします。

MENU

【旅の計画】ホテルを選ぶ時のチェックポイントについて

 

 

個人旅行でホテルを予約するとき、注意していることってありますか?

アルくんは、割安で、そこそこいい部屋を選ぶポイントとして 3つチェックするようにしています。

 

イタリア北部リゾートの民泊施設。110㎡と広く、キッチン、バルコニー付き。
3泊でなんと6万円以下。とても親切なオーナーさんでした。

部屋の面積が明記されていないホテルは避ける

 

1つめのチェックポイントは、部屋の面積(平方メートル)です。

ほんとうはとても狭い部屋でも、プロのカメラマンが撮影すると、広々とした部屋のような写真になることがあります。

とくに、ホテルオフィシャルサイトの写真は、実物よりも広く、きれいに写されてるような気がします。

そこで、部屋の面積を数字で知ることが重要だと思います。

ホテル利用者が投稿した写真を参考にしたり、書き込みを参考にすることもありますが、部屋面積を明記していないホテルは避けるように、アルくんはしています。

もちろん、1泊10万円くらいする高級ホテルなら狭い部屋はないでしょうが、アルくん夫婦はコスパがいい部屋を探していることが多いので。

 

心配な時はホテルに電話orメールをして、対応が親切かどうか確認する

 

2つめのチェックポイントは、フロントの対応が親切かどうか。

国内のホテルチェーンの場合は、大きな当たり外れはないと思いますが、ペンションなど個人経営の場合は、念のため電話をかけてフロントの対応を確認します。

とくに、利用者の書き込みにトラブルを匂わせるものがある場合は、後から後悔しないようにするため、できるだけ早い段階で電話確認しています。

もし、フロントの対応が不十分だと感じたとき、早いタイミングならほかのホテルに予約を変更することができるからです。

 

海外泊の場合は、電話できないので、メールで問い合わせることがあります。海外もホテルチェーンの場合は問題ないのですが、民泊のときは、鍵の受け渡し方法などを詳しく聞いておかないと、現地についてから大慌てすることになります。

 

とくにヨーロッパの田舎町で民泊するときは要注意です。ホテル運営者が親切な人かどうか、事前にやりとりして確認しておくと安心です。

 

旅行スタイルにもよるが、駅近く、バスターミナル近くを優先する

 

3つめは立地です。国内で自家用車やレンタカーで旅するときはあまり重視しませんが、海外旅行は鉄道やバスで旅することが多いので、重たいスーツケースをもって移動する距離を短くするため、鉄道駅やバスターミナルの近くの宿を選びます。

 

いちばん多いのは、鉄道駅から徒歩圏内。それができないときは、鉄道駅と街の中心地の中間地点にあるホテルを選ぶようにしています。

 

そのとき役に立つのが、前にも書いたブッキングドットコムの地図検索です。ホテルなのか民泊なのか、価格帯、部屋のタイプ、口コミ評価などによってホテルを絞り込むことができます。こうして絞り込んだホテルの中で、いちばん駅に近いホテルを予約することがあるくんは多いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

arukun109.com