アルくんのシンプルライフ

夫婦旅と料理が好きなアルくんが平凡な日常をメモします。

MENU

【世界一周航空券8】ワンワールドの世界一周チケット 途中で日本に帰国できるの!?

 

旅を途中で中断し、自費で日本に帰国すれば2回に分けて世界一周ができる

勤め人で長い休みはとりにくいので、2回に分けて世界一周をしたいという人もいるのではないでしょうか。

 

ワンワールドスターアライアンスともに有効期間は1年あります。その期間内であれば、旅行を2回に分割しても問題ありません。

スターアライアンスは、日本国内の別の空港に立ち寄ることができます。

ワンワールドの場合は、前半最後となる海外空港から日本への帰国便と、後半で使う日本から海外空港までの出国便を別途購入すれば、旅行を前半と後半に分けることができます。

ワンワールドチケットでは日本への立ち寄り不可。別途、一時帰国するチケットを用意する

ワンワールドの場合は、前半最後となる海外空港から日本への帰国便と、日本から海外空港までの出国便のチケットを別途購入すれば、世界一周旅行を前半と後半に2分割できます。考え方としては、前半最後となる海外空港で、数か月滞在しただけで(実際には日本に帰国していても)、有効期間の1年以内なら、いつフライトしてもかまわないということになります。

 

前半にAという空港から帰国した場合、後半もAに行き、世界一周ルートに戻るのが基本です。もし後半はAでない空港を最初の目的地にした場合、AからBまで1回移動したとみなされて、最大で16回までのフライトが1つ減ることになります。

ただし、太平洋1回、大西洋1回、ユーラシア大陸1回は横断する必要があるので、たとえばアメリカ西海岸で前半の旅行を中断して、後半はヨーロッパから始める、というのは認められません。後半はアメリカ西海岸に戻り、西海岸からヨーロッパまでの大西洋横断を世界一周チケットで行う必要があります。

 

ワンワールドの場合、アジア・オセアニア~北米・南米~ヨーロッパ・アフリカの、東西移動はそれぞれ1回ずつに制限されてますが、アジア・オセアニアの南北移動は制限が緩くなっています。この独特なルールがあるため、前半最後・後半最初のA空港をどこにするのか、大きく2つの選択肢が考えられます。

アジア・オセアニア重視の場合は、日本に近いアジアの空港で旅行を中断してみる

ワンワールドにはカンタス航空が加盟しています。オーストラリアなどのオセアニアやアジアをじっくり巡るプランを考えている人は、たとえばシンガポールや香港で前半の旅行を中断し、後半もシンガポールか香港から始めるといいかもしれません。

 

たとえば、

①日本からオーストラリアに飛び、オセアニアを周遊。

②その後、アジアに戻ってアジアを周遊。

シンガポールか香港で、旅行を中断して、自費で日本に一時帰国。

④日本でしばらく働く。あるいは休養する。

⑤旅行の後半を再開。シンガポールか香港まで自費で渡航

⑥西回りならヨーロッパ→アメリカを周遊して、日本へ帰国。(東回りならアメリカ→ヨーロッパを周遊して日本に帰国。)

というイメージです。

 

このケースのメリットは、アジアの空港から一時国くするので、自費で払う航空券代が安くなることです。

一方デメリットは、ヨーロッパとアメリカを後半の旅行でまとめて訪問することになることです。

ヨーロッパ、アメリカよりも、アジア・オセアニアを重視するプランを考えている人は、

アジアの空港から一時帰国というこのプランいいかもです。

ヨーロッパかアメリカ重視の場合は、アメリカ西海岸かヨーロッパで旅行を中断

せっかく世界一周するのだから、比較的近いアジア・オセアニアではなく、北米・南米やヨーロッパ・アフリカを重視したプランを組みたいという人が、旅行を2分割する場合は、アメリカ西海岸の空港か、ヨーロッパ・中近東の空港で旅行を中断することになります。

 

たとえば、東回りなら、

①日本から出て、アジア・オセアニアを周遊。

オセアニアからハワイ経由でアメリカに移り、南北アメリカを周遊。

アメリカ西海岸の空港で前半の旅行を中断して、別途購入した航空券で日本に一時帰国。

④日本でしばらく働く。あるいは休養する。

⑤旅行の後半を再開。アメリカ西海岸まで自費で渡航

⑥西海岸からヨーロッパ・中近東へ移動。

⑦ヨーロッパ・中近東を周遊して、日本に帰国。

 

つまり旅の前半で、アジア・オセアニア南北アメリカを周遊、後半でヨーロッパ・中近東を周遊するイメージです。

実際に、アルくんは、アメリカ西海岸から日本に一時帰国して前半1か月、後半1か月の世界一周旅行をしました。

アメリカ西海岸で旅を休止しているのは、別途購入する往復航空券が、ヨーロッパよりは安いからです。

 

西回りなら、

①日本から出て、アジアを周遊。

②ヨーロッパ・中近東に移り、ヨーロッパ・中近東を周遊。

③ヨーロッパ・中近東の空港で前半の旅行を中断して、別途購入した航空券で日本に一時帰国。

④日本でしばらく働く。あるいは休養する。

⑤旅行の後半を再開。ヨーロッパ・中近東の空港まで自費で渡航

⑥ヨーロッパ・中近東の空港から南北アメリカへ移動。

南北アメリカを周遊し、ハワイ経由でオセアニアへ。

オセアニアから日本に帰国。

 

つまり旅の前半で、アジアとヨーロッパを周遊。後半で南北アメリカオセアニアを周遊するイメージです。

別途購入する往復航空券を安くするためには、カタールあたりで前半を終えておくといいかもしれません。

 

(感想・まとめ)

ワンワールドは、世界一周の途中で日本に立ち寄ることはできませんが、アジア、アメリカ西海岸、中近東などで前半の旅行を休止して、別途購入した航空券で日本に一時帰国すれば、世界一周を前半と後半に2分割できます。

 

さらに言えば、前半と後半ではなく、1回目と2回目と3回目に分割することも可能です。世界一周の航空券は1年間の有効期間があるので、その期間内なら、いつフライトしても問題ないためです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。