アルくんのシンプルライフ

夫婦旅と料理が好きなアルくんが平凡な日常をメモします。

MENU

【世界一周航空券1】ワンワールドか、スターアライアンスか、比較すべきポイントは?ントは選択する方法

 

 

 定年退職したら夫婦で世界一周旅行がしてみたい! こう考えている人はたくさんいるのではないでしょうか。アルくんと妻のアル子もそうでした。

 ある日、アル子がリビングで言いました。「世界一周旅行って、意外と安いみたいだよ」。ニュースサイトで世界一周チケットのことを読んだらしいのです。世界一周航空券の存在をこのとき初めて知りました。この日以来、およそ1年にわたるプランニングが始まりました。

 世界一周航空券の関連サイトは、わかりにくい作りのものが多く、何度も挫折しそうになりました。

「手数料を払ってもいいから、だれかに計画してもらいたい。」と思うこともありました。

結局、手数料がもったいなくて自力でプランを作成して、晴れて発券→世界一周旅行することができました。

というわけで、自力で世界一周のプラン作成、発券するためのポイントをメモにします。

ここでは、ワンワールドか、スターアライアンスのどちらにするかで悩んでいる人が、重視すべきポイントについてメモします。

世界の航空会社は3大グループに分かれて業務提携

 世界には、大小合わせて1000以上もの航空会社があると言われています。その中でも、頻繁に国と国をつないでフライトしている航空会社は100くらいでしょうか。

 これだけ多いと、当然、航空会社同士の競争が激しくなります。たとえば、ニューヨーク~ロンドンのように旅客数が多い路線に数多くの航空会社が路線を開設しようとして、過当競争が起きるかもしれません。

 過度な競争は、経営環境を悪化させます。実際、航空会社の経営状態は安定していないことが多く、日本航空(2010年会社更生法適用の後、再生)、パンアメリカン航空(1991年連邦破産法適用)、ノースウエスト航空(2010年デルタ航空経営統合)、コンチネンタル航空(2012年ユナイテッド航空と統合)などのように、破綻や統合を繰り返しています。最近でも、イタリアのアリタリア航空が経営悪化でエティハド航空傘下になったあと、2021年に国有化されました。 

このような過当競争を避けるために、世界の航空会社は大きく3つのグループに分かれて業務提携(アライアンス)をしています。人気路線は共同運航便(コードシェア便)で運行するなどして、互いに利益がでるよう協力しているのです。

このあたりの事情は、コンテナ船を運航している海運会社も、ザ・アライアンスや、オーシャンアライアンスのような海運同盟を結んでいて、航空会社とよく似ていますね。

 前置きが長くなりましたが、世界一周航空券は、アライアンスに加盟している航空会社の飛行機を乗り継いで世界一周することができるチケットのことです。かつては、パンアメリカン航空1社だけで世界一周路線を運航していた時代もありました。現在では、アライアンスにより航空会社が地域ごとに住み分けているため、アライアンスとして世界一周チケットを提供しているというわけです。

1フライト当たり2万円ちょっとでアメリカやヨーロッパに飛べる!?

 3つのアライアンスとは、

ワンワールド日本航空アメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズ、キャセイパシフィック航空カンタス航空など)、

スターアライアンス全日空ユナイテッド航空、、ルフトハンザ航空、シンガポール航空ニュージーランド航空など)、

スカイチームデルタ航空エールフランス、KLMオランダ航空、大韓航空ベトナム航空など)の3つです。

 世界一周航空券の魅力は何といっても割安なこと。いちばん安い例をあげると、ワンワールドのエコノミークラス・3大陸は、1人33万5000円が基本料金。この価格で最大16回まで飛行機に搭乗できます! 1フライト当たりにすると、33万5000円÷16回=2万0938円となります。この基本料金のほかに、出国税燃油サーチャージが加算されますが、1フライト当たり2万円強の価格でアメリカやヨーロッパまでフライトできるなんて、お得ですよね。

 ワンワールドスターアライアンスという会社があって、その会社から直接チケットを購入するわけではありません。旅程の第1区間を運行している航空会社が、アライアンスに加盟する航空会社の代表として、世界一周旅行チケットを発券する仕組みになっています。ですから、たとえば日本航空全日空に、世界一周旅行チケットを専用に販売する窓口はありません。

 

ワンワールドは、料金体系が少し割安。スペインやモロッコを巡る旅にはお勧め

ワンワールドは一覧表にあるとおり、世界の航空会社13社で構成されているアライアンスです。日本人になじみがあるのは、日本航空アメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズ、キャセイパシフィック航空カンタス航空などでしょう。

表にはアラスカ航空子会社であるハワイアン航空も書き加えてあります。

ワンワールドのメリット(私見

・料金体系がスターアライアンスよりも割安

・スペインやモロッコ方面、オーストラリア方面、イギリス国内などに強い

ハワイアン航空が使えるのでハワイ島マウイ島などへのフライトが便利

日本航空のマイルがたまる

ワンワールドのデメリット(私見

・南米路線が弱い。アフリカはロイヤル・エアモロッコ1社だけ

・世界一周中に、日本に一時帰国できない(ただし、自費で帰国するのは自由)

・予約システムが旧式で使いにくい

 

スターアライアンスは、全世界で路線が充実。アフリカや南米でも利便性高い

スターアライアンスは表にある通り、世界の航空会社26社で構成されているアライアンスです。

日本人になじみがあるのは、全日空、ルフトハンザ航空、ユナイテッド航空シンガポール航空アシアナ航空ニュージーランド航空トルコ航空などなどでしょう。

スカンジナビア航空は、2024年8月までスターアライアンスに加盟、その後はスカイチームに変更します。

スターアライアンスのメリット(私見

・世界一周中に、日本に一時帰国できる(条件あり)

・アライアンス加盟社数が多く、世界中で路線が充実している。

・とくにワンワールドにはない南米や中米拠点のエアラインや、アフリカ拠点の複数エアラインが加盟している。

・ヨーロッパ方面も加盟社が多く路線が充実している。

・予約システムが使いやすい

全日空のマイルがたまる

スターアライアンスのデメリット(私見

・料金体系がワンワールドよりも割高

 

スターアライアンスで、途中帰国するときの条件についてはこちらをご覧ください↓

arukun109.com

スカイチームは2024年7月現在世界一周航空券の取り扱いを休止

スカイチームは、表にある航空会社で構成されているアライアンスです。

日本人になじみがあるのは、デルタ航空エールフランス、KLMオランダ航空、大韓航空ベトナム航空、アリタリアの跡をついだITAエアウェイズなどがあります。

エールフランスやKLMオランダ航空など、ヨーロッパに向かう長距離路線が充実しているので、使ってみたいと思う人は多いかもしれません。

ただし、2024年7月現在、スカイチームの世界一周航空券は発売休止になっているようです。日本のニュースでは報じられていないようですが、スカイチームのホームページに記載がありました。

世界一周航空券は、旅程の第1区間を運航している航空会社からチケットを購入します。そのため、もしスカイチームで世界一周航空券を購入しようとすると、海外で買う必要がありました。今ならオンライン販売ができたのかもしれませんが、計画を立てて、最終的にチケットを購入するときになっても、座席予約ができないなどのトラブルが多いため、日本語が通じるほうがだんぜん便利です。ですから、ワンワールドスターアライアンスの2択が現実的な選択肢になっていました。

とはいえ、スカイチームがサービスを休止したとなると、ワンワールドスターアライアンスは大丈夫なのか?心配になります。今後の動向を見守りたいと思います。

 

www.skyteam.com

 

 

(感想まとめ)

パンアメリカン航空は、1947年に世界で初めて世界一周路線を開設、1991年に破産しました。

この時代の世界一周と聞くと、小田実『何でも見てやろう』(1979年刊)を思い浮かべます。

沢木耕太郎深夜特急』(1986年刊)のひと世代前を行く、元祖旅本でしたね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。