アルくんのシンプルライフ

夫婦旅と料理が好きなアルくんが平凡な日常をメモします。

MENU

【街歩き3】レインボーブリッジの遊歩道で海上散歩する件

東京港の入り口にかかるレインボーブリッジ。お台場と芝浦を結ぶ全長798mの吊り橋です。

このレインボーブリッジを歩いて渡ることができるのでメモします。

お台場側入り口から芝浦側入り口まで、1.7kmの海上ウォーキングです。

南側からはお台場、北側からは晴海が見渡せます

豊洲市場付近からみたレインボーブリッジ。右が芝浦側

お台場側の入り口は、港区立お台場学園の先に

 

インボーブリッジは1993年に完成しています。

首都高11号台場線と、一般道路、ゆりかもめが通っていますが、

橋の北側と南側には、歩行者が歩いて通れる遊歩道も設置されています。

しかも歩行者の通行料は無料です!

 

開場時間は午前9時から午後9時まで(4月から10月)、午前9時から午後6時まで(11月から3月)で、

最終入場は30分前までとなっています。

 

お台場側の最寄り駅は、ゆりかもめお台場海浜公園、または、りんかい線東京テレポート駅です。

駅を降りてから、1キロ弱北西に向かって歩いたところに、入り口があります。

お台場側から入場し、南側遊歩道を上っているところ。左の島はお台場の砲台跡



風の強い日は要注意

 

南側遊歩道からは、お台場の全景や、が見えます。

北側遊歩道からは、オリンピック選手村跡地の晴海フラッグや、豊洲市場浜離宮などを見ることができます。

天気のよい日には、陽光のきらめく水面を船が行き交う様子を眺めて、楽しむ余裕があるのですが、

強風の日には注意が必要です。

遊歩道は、かなり頑丈な柵で覆われているので、落下する恐れはないと思うのですが、

東京港の入り口で、風の通り道にもなっているので、地上よりも強い風が吹くことがあります。

とくに冬季の北風は気を付けた方がよさそうです。

 

北側遊歩道から晴海、豊洲市場方面を眺めたところ

歩道はせまいところも

 

橋の中央部は、遊歩道が柱を回り込むように作られていて、通路が狭いところもあります。

ときどき走って渡る人がいるので、ぶつからないよう注意が必要です。

ただ、自転車に後ろから追い抜かれる心配はありません。

自転車に乗ったまま橋を渡ることはできず、降りて自転車を押しながら歩くからです。

 

南側遊歩道から東京港を望む。船が行き交います

 

芝浦側の入り口は、エレベーターで橋上部と地上を移動

 

お台場側は地上から、高さ52mの橋げたまで歩いて登っていきますが、

芝浦側はエレベーターが橋げたと地上をつないでいます。

エレベーターだけでなく、トイレも整備されています。

遊歩道は20~30分くらいで歩ける距離です。

芝浦側の出口をだ田所橋の上からエレベーターで地上まで降ります。

(参考リンク)

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。